2017年8月17日 (木)

ギョロ目

久しぶりのイソシギです。

Img_7273

近くの川では あまり見かけないので IRM川まで・・

Img_7277

来てしまいました。 

Img_7296

向こうに見える カイツブリを 撮っていると・・

Img_7353

大雨で倒れた葦で チョロチョロ動いているのが

Img_7361

どうやら 大葦切の 幼鳥のようです。

Img_7378

もう 一人餌になっているみたいです。

Img_7381_2

葦の間を 動き回っています。

Img_7399

KSM川との 合流地点では・・・

Img_7708



 護岸用のコンクリートブロックの 間に

Img_7727

ギョロ目を剥いているのは・・・

Img_7746

笹五位でした。

Img_7756

はるばる 1時間も運転したわりには・・

でも 近くの川では見つけられないんです。

2017年8月16日 (水)

えっ これだけ!

燕の子が 護岸のセメントのタイルで騒いでいます。

Dsc06271

親鳥が 雛に 給餌中のようです。

Dsc06273

「飯 くれーっ!」

Dsc06275

「 こっち こっち 」

Dsc06276

「 あぐっ!」

Dsc06281

「 えっ これだけ !」

Dsc06326

「 なんだか な~っ 」

Dsc06554

「オイラは まだ もらってないよ~。」

Dsc02732

「 オイラは 今 探してます。」  用心 用心。


2017年8月11日 (金)

雀ではありません

触覚が鋸の歯に似ている為か・・

Img_5125

ノコギリカミキリと云うようです。

Img_5951

例によって この時期は 虫から始まります。

Img_6021

この個体、鼈甲色では ないけれど

Img_6044

たぶん ベッコウハゴロモ と思います。

川の土手で やっと 雀 ?

Img_7081

でも ちょっと 変な感じ・・・

Img_7083

あれま! 雪加くん では無いでしょうか。

Img_7096

小さいくせに この 足の長さは・・

Img_7120

やはり 雪加くんです。

Img_7130

久しぶりの 雪加 です。

Img_7131

同じ様な写真を 沢山撮ってしまいました。

Img_7172

帰りがけ ペアの カラスアゲハ(たぶん)

Img_7242

キスジツマキリヨトウ (これも たぶん)

駐車場で これも 久しぶりの 猫。

Img_7757

何かを 凝視!


2017年7月24日 (月)

ピーピー鳴いて居るのは

葉っぱにへばり着いているのは・・

Img_5412

アミガサハゴロモ、 ハゴロモをもう一種、

Img_5431

ベッコウハゴロモと思います。

散歩道の柵の杭に

Img_5465

アカスジキンカメムシが居ました。

Img_5477

フラッシュを焚いたら、アオスジになりました。

Img_5488

樹の幹に 

Img_5523

ヤマトタマムシが居ました。

Img_5527

やたらと メタリックにテカテカしています。

Img_5559

森から抜けたら 

Img_5595

鵯の雛がいました。

Img_5601

首が ヒョロヒョロしています。

Img_5690

田んぼ道を歩いていると 後ろで ピーピー と声が聞こえます。

Img_5704

遠くに茶色の点・・・ 大鷹の雛かな?



2017年7月20日 (木)

フラッシュを焚いたら

蝶かと 思って居たら 蛾でした。

Dsc07739

キモンガと云うらしいです。

Img_4096

先日 聞いていた 場所で やっと見つけました。

Img_4148

オオムラサキ です。

Img_4151

樹液を吸っていました。

Img_4188

見つかり始めたら こっちの樹にも 居ました。

Img_4215

翅が欠け始めています。

Img_4240

次に見つけたのは・・

Img_4282

公園の 展望デッキの上でした。

Img_4288

ここのは 頻繁に翅を開いてくれます。

Img_4312

デッキの板の上ばかりでは・・・

Img_4328

近くの 樹の葉 にも泊まってくれました。

Img_4336

3ヶ所で それぞれ1頭づつ 計3頭に逢いました。

帰りがてら・・ 蛾を撮ったのですが

Img_4393

特徴のある模様ですが まだ 調べが着いていません。

調べがつかないと云えば・・

Img_4754

よく似た このこと・・・

P1120876

ジンガサハムシの類と思うのですが・・

暗い処に居た 蝶、 フラッシュを焚いたら

P1120880

思いも掛けず 綺麗な色が出ました。

クロヒカゲと云うらしいです。

«ときどき三光鳥